自家製単語帳を順次公開      


通訳業を営むこと二十数年に及び、仕事の度に掻き集めた専門用語の知識が単語帳の形でかなり溜まってきました。知識と申すもおこがましく誤りも多々含まれているでしょうが、全てあの世に持って行くのも何やら空しく、以下に列挙するリスク覚悟で参考にしたいとお考えの方には、PDFファイルの形でダウンロード出来るようにしました。

繰り返しますが、ダウンロードなさった自家製単語帳の利用は、以下に列挙するリスクを伴います。各項目の説明でお分りのように、そのリスクを避けられるか否かはひとえに、利用者ご自身によるチェックと文脈の判断にかかっています。通訳業務の際にクライアントから訳語に関するクレームを受けるなど、如何なる事態が生じても、作成者は責任を負いません。


1)提供するのは、「テーマの理解に役立つ単語帳作成法」により私個人のニーズに合わせて作った、作業文書である。単語の並べ方がアルファベット順でなく、テーマについての個人的な理解を背景に構造化されており、市販の辞書のように必要な単語だけ探せば用が足りる形にはなっていない。

2)専門用語・表現も時代と共に変化する場合がある。単語帳に示す日仏語の対応や、そもそも使うべき用語が、利用者が実際に使う時にはもう適切でなくなっている可能性がある。またその時々の仕事を準備するための作業文書であるから、収録されている単語には常に偏りがある。

3)私の把握した日仏語の対応が100%正しいという保証は無い。対応がはっきり確認できていない場合は「?」が付いているが、「?」の無いものでも調べ方が不充分であったかも知れない。また現場での遣り取りを聞いていて手に入れたと思った用語・日仏対応が、その企業・現場・文脈に特有のものかも知れない。

4)専門用語の使用は文脈に依存する度合いが非常に強く、しかも該当する文脈がひと言では記述できないこともある。そのため、単語帳に示す日仏語の対応がどの文脈で成り立つものなのか、私が心覚えにしているだけの場合もあり、明示的に指摘してあるとは限らない。更に、私の理解・チェックが不充分であった例もある:
 a) 環境分野で、dénitrification =「脱硝」と思い込んで十年以上経ってから、実は dénitration =「脱硝」で dénitrification =「脱窒素作用」[細菌が水中, 土中の硝酸や亜硝酸を窒素ガスに変えて放出する作用] であることを発見した。ところが今回改めて調べてみると、下水処理で微生物などを使って脱硝するのはやはり dénitrification で、dénitration は自動車の排ガス処理などの場合を指すらしい... (未決着)。
 b) 単語帳『一般・経済』にある trésorerie について、十年以上の間「(企業の) 資金繰り」と訳して問題無いと思ってきたのに、最近ある企業の貸借対照表を訳していて、別の訳語を当てるべきことが判明した...。

5)ページ数・インクの消費量を少しでも抑えるため、関連用語・表現や説明において、同じ語を繰り返さないための工夫をしてある。省略のルールは単語帳のコピーに実例の形で付けるが、臨機応変に工夫したところもあり、ルールの当て嵌まらないケースは利用者の賢察に期待するしかない。


尚、ご覧になって間違いや疑問を感じた箇所などがありましたら、お知らせ頂ければ幸いです。但しすぐに反応できないこともありますので、ご了承下さい。 必ず反応するというお約束も致しません。

注1:以下に掲載の単語帳は1)で述べた通り、自分の頭を整理するための作業文書であり、一つの単語帳の中でも、当面の仕事に関係の無い部分まで全て記憶しているわけではありません。あるクライアントに一つお見せしたところ、そこにある全てを瞬時に出し入れ出来るのだと受け取って下さり、穴があったら入りたいような思いをしました。

注2:単語帳は PDF 形式で提供していますが、普段の作業では専ら Mariner Write を使用します(ダウンロード版で 50 ドル程度)。余計な設定を押し付けるようなことをしないワープロソフトで、全くストレス無しに作業できます。かわせみ、ATOK 等の日本語入力ソフトも使えます。但し Mac 専用です。
 残念ながら、数年前に開発を止めてしまったので、OS を Mojave より上にアップグレードすると使えません。それでも今の内は Mojave に留まる限り使えるのですが、今後アップルが自社開発のCPUに順次移行すると言っていて、新機種に買い替えた場合は使える保証がありません。アプリケーション翻訳ソフトを用意すると言っているらしいのですが...

注3:iPad に入れて持ち歩く場合は、pdf ソフトの印刷機能を使って、110% に拡大して pdf ファイル化すると、少し大きく表示させられます。


  0 歴 史 (2015.03.02 更新)
    (「時の流れが実感できる年表」もあり)
  0 一般・経済 (2021.07.02 更新)
  0 経済学
  0 技術一般 (2021.07.02 更新)
  1 化学一般 (2013.07.07 更新)
  1 生物学 (2017.06.01 更新)
  1 医 学 (2017.06.01 更新)
  1 環境・エネルギー (2015.03.24 更新)
  2D 電 力 (2012.02.23 更新)
  2D 土 木 (2011.12.24 更新)
  2E EU統合 (2011.12.24 更新)
  2G 原子力発電 (2018.05.07 更新)
  2I 医薬・医療機器
  2K 海洋科学 (2019.06.25)
  2K 建 築 (2015.01.31 更新)
  2K 公法関係 (2019.10.03 更新)
  2N 農業 (植物)
  2S 社会保障
  2S 政治・外交 (2015.01.31)
  2T 知的財産
  2T 地球科学
  2T 鉄道技術 (2017.06.01 更新)
  FS 複合材料・成形 (2016.01.10 更新)
  G 癌・治療 (2017.06.01 更新)
  K 機械加工
  K 金属産業 (2012.12.08)
  N 脳科学 (2016.01.10 更新)
  S 酸化ストレス・老化 (2013.07.07)
  S 精神医学 (2012.12.24)
  T 地方分権 (2012.12.25)
  T 頭蓋オステオパシー (2013.06.24)