美味しいエスプレッソ珈琲を、お家で手軽にカプチーノ・カフェラテ・イタリアンコーヒー
Google

お気に入りの珈琲を作ろう!
豆の選別や、挽き方によってコーヒーの味や香りが違ってきます豆の煎り具合から、お湯の温度、注ぎ方を調整することによって、自分好みに合わせたコーヒーが淹れられます、お好みの味を作ってみましょう。

煎り具合
浅煎り 中煎り 深煎り
酸味が強く、香りが高い 酸味、苦味のバランスがよく、コク、香りもある 苦味とコクが豊か
挽き方
粗挽き 中挽き 細挽き
あっさりとした味わい 抽出速度、味も中間 濃厚になる
お湯の温度
高  温 中  温 低  温
90度前後、酸味、苦味の個性が最大限に出る 85〜80度、濃度も個性も中程度に出る 80〜70度、酸味と苦味がまろやかになる。

コーヒーをたてる時の水について
水は硬水と軟水に大別されます。コーヒーの主成分であるカフェインやタンニンはミネラル分(硬物質)を多く含む水に対して溶けにくい性質を持っています。
コーヒーには軟水が適しています。日本の水は、ほとんどが軟水ですから水道水を濾過したもので充分です。また汲み置きの水は酸素が抜けて、コーヒーをいれてもおいしくありません。
コーヒーの風味を最大限に引き出せる温度は90〜96℃。
沸騰直後のお湯は、火からおろして20〜30秒待つとちょうどよい加減です。

焙煎度は、浅く煎った豆は酸味が強く、深く煎った豆は苦味が強くなりやすい
■ライト・ロースト
甘い香りが漂いうっすらと色づき始めた状態
 
■シナモン・ロースト
浅煎りで、色はシナモン色で酸味のある、良質な豆に適して
います。
●アメリカンコーヒー
■ミディアム・ロースト
中煎りで、口当たりのやわらかな酸味で、苦味もプラスされ
てきます、
香りが良くまろやか。
●アメリカンコーヒー 
●ブレンドコーヒー
■ハイ・ロースト
中深煎りで、酸味が抑えられ、その分苦味や甘味が強く感じ
られます。

もっとも一般的な倍鮮度。
ストレートコーヒー 
●ブレンドコーヒー
■シティ・ロースト
中深煎りで、酸味より苦味のほうが強くなり、酸味、苦味の
バランスがよく日本人に好まれているローストです。
ストレートコーヒー 
●ブレンドコーヒー
■フルシティ・ロースト
深煎りで、酸味はほとんど感じられなくなり、苦味が主体に
なりコクが出てきます。
●ストレートコーヒー
■フレンチ・ロース
深煎りで、苦味が強く、豆の表面に脂肪分が出てきます。
カフェ・オ・レ 
●ウインナー・コーヒー
●アイスコーヒー
■イタリアン・ロースト
もっとも深い煎りかたで、強い苦味と濃厚なコクとなります。
エスプレッソ 
●カプチーノ

日曜はお家でCafeについて >>>
TOP >>>
美味しいコーヒー
お気に入りの珈琲を作ろう
珈琲豆の種類
豆の挽き方
珈琲を淹れる器具
美味しいエスプレッソ珈琲
エスプレッソを淹れよう
エスプレッソ器具色々
カフェポッドで簡単
珈琲タイムのスイーツ
直下式エスプレッソ器具
エスプレッソメーカー
メリタビアレッティ
ミルクホイッパ
コーヒーカップ
デミタスカップ
マグカップ
ウエッジウッド
ロイヤルコペンハーゲン
リチャード・ジノリ
マイセン
ノリタケ
コーヒーを楽しむ道具
エスプレッソマシン
コーヒーメーカー
ドリッパー
サイフォン
コーヒーミル
コーヒーポット
コーヒー豆
エスプレッソ用
エスプレッソカフェポッド
コーヒー豆一般
珈琲ギフト
珈琲セット
ドリップ珈琲
珈琲ギフト


楽天で探す
楽天市場