通天閣

大阪のシンボルタワ-通天閣のビリケン

(天に通ずる高い建物という意味で命名された「通天閣」)

ビリケン 通天閣

展望台で、迎えてくれるのが幸運の神様ビリケンさんです。

初代通天閣の完成は、90年 も前の明治45(1912)年7月。当時の大阪市民の度肝を抜いた一大歓楽街「新世界」の誕生。この時、新世界の目玉となったのが、4万坪を越える娯楽遊園地ルナパークと、 64mという当時東洋一の高さを誇った通天閣です。
ところが、初代通天閣は、昭和18年火災に合い、鉄材供出の名のもとに解体され姿を消しました。戦後シンボルを無くし灯が消えたような新世界では、地元市民から通天閣再建の声が起こり、様々な困難を乗り越え、昭和31(1956)年に待望の2代目通天閣が誕生。高さ103m、円形エレベーターを備えた近代的な姿は、浪速っ子の心に再び灯をともしたのです。

通天閣のてっぺんの、まるいネオン。これは世界でも珍しい「光」の 天気予報です。日立のエレクトロニクス技術が、気象台と通天閣を専用通信回路で 結ぶことに成功。簡単な色の組合せで明日の天気を知らせてくれる、浪速の夜空のシンボルとして親しまれています。

展望台 天気予報

copyright(c)2000 ビリケン.All rights reserved.