LINEUP
TROUT
CONCEPT
ソリッドウレタンコーテッドバルサミノー
PHASEシリーズ
VOGUEシリーズ
PHASEシリーズはレイチューン独創のバルサハンドメイドミノー。
アウターボディーよりひと回り小さな相似形のバルサインナーボディー(手削り)を、無発泡ソリッドウレタン樹脂でコーティング。
アウターコーティング技術は、発泡ウレタン時代からの試行錯誤が結実した驚くべき精度を誇り、バルサの高浮力を活かしきる設計。
樹脂厚は、強度と耐水性が必要なワイヤー突き出し付近でやや厚く、サイドはバルサ材が透けて見えるほど薄く整形され、ラッカーセルロースで作られたフルハンドメイドのレイチューンと、ほぼ同じ比重を得ることに成功している。
もちろんアウターボディーは、レイチューンのハンドメイドミノーから型をおこしたものだ。

このホワイトボディーに(樹脂色は白)独自技術でアルミ箔や金箔を押す。
箔の厚さは2ミクロン(金箔)から5ミクロン程度だから、エラ蓋のサインまでもが克明に浮き出る。
そしてカラーリングやマスキングは、フルハンドメイドと同一技術を施し、BOOSTモデルには、エラの赤いスリットまで再現。

PHASE TYPE 1
バルサインナーボディーシリーズのファーストモデル。

フェイズを起想したとき、最初に考えた事はバルサの浮力を最大限活かしたミノーを作る事。
そのために断面形状は丸く、インナー容積を大きく取る。
ラインアイを低く設定したクラウチングスタイルに傾斜したリップが、タイプ1の性能を雄弁に語る。
特にサスペンドモデルは流れの速い瀬のマスターピース。
ウエイト設定の違いを使い分けて欲しい。

フェイズは性能優先デザインの汎用ボディーに各カラーを塗り分けたモデル。
PHASE TYPE 2
インナーボディーのメリットを活かせる極限の薄さ。
腹部には外部露出ギリギリの低位置に、戦闘機がミサイルを抱え込むような吊り下げ方式で、バルサインナーボディーにタングステンウエイトを搭載。
バルサボディー内部にウエイトを埋め込む方式では達成し得ない低重心を実現。
結果、シンキングミノーとは思えない程のキビキビとしたハイピッチのウォブンロールと、切れの良いレスポンスを生んでいる。
一本で勝負となるとこいつかな。
VOGUE50S TROUT Shaking Master(3.5g)
魚種ごとのボディーに最適化したウエイト配置で究極の完成度を求めたのがヴォーグシリーズ。

TROUTボディーには、ヤマメ、アマゴ、ニジマス、シラメ、ブラウン等のカラーあり。
このミノーのサブネームはシェイキングマスター。
その名の通り、ロッドの上はじき操作での細かなシェイキングから、強めのトゥイッチまでレスポンス良く反応。
レイチューンの中ではやや重めのウエイト設定で、慣性質量からウォブンロールはややワイド系。
ワイドに振るセッティングは高速限界を下げがちだが、小口径の横アイとすることで高速域までブリブリ追従する万能ミノー。
VOGUE50S ayu Shaking Master (2.6g)
VOGUE50Sアユは、当然アユカラーのみ(金箔モデルもあり)

低い位置の縦アイ、フロント荷重、立ったリップ。
エキスパートならすぐにわかる究極の低速セッティング。

TROUTボディーより低速域から、より小さな入力で起動し、少ない移動距離で細かく左右にヒラを打つセッティングは、低活性のトラウトをじっくり攻略する時に特に威力を発揮する。
また、レイチューンバルサミノーの基本特性である、早い流速にも負けないポテンシャルは標準装備なので、流心の逆引きでも威力絶大。
深めのレンジをステディーに探れる、タイトウォブンロールのスローシンキングミノー。
VOGUE50F oikawa Jerking Master (2.2g)
特徴的な側線を見せるオイカワボディーは、♂と♀の2カラー。(写真は♂)

レイチューン初のシングルフックを標準とするセッティングのウエイテッドフローティングミノー。

ジャーキングマスターとは、一気に50cm以上ジャークするような操作で、ソルトで流行のワインド釣法的な左右に大きく切り返す連続パニックアクションを可能とするアグレッシブチューンを指す。
テストでは、淵の底に定位しているアマゴが、ジャーキング操作で猛然とチェイスしてヒットするシーンが度々あった。
もちろんハイレスポンスを利して、細かな操作も可能。
VOGUE50 iwana
制作中
VOGUE 70 AYU
VOGUE70mmアユモデルは、フローティングミノーの理想を追求すべく、1/64ozのタングステンウエイトを一個のみ配置。
美しい飛行姿勢、着水直後から即座に泳ぎが立ち上がり、リーリングの最高速まで破綻しない遊泳性能、圧倒的トゥイッチングレスポンス。
中下流域の押しの強い流れを攻略する為のレイチューンの回答。
(鱒の森記事中のサツキは、フェイズ70Fとヴォーグアユプロトの釣果)
3.4g フローティング
VOGUE 70 TROUT
タイプ2シリーズの薄型ボディーにやや丸みをもたせ、トラウトの柔らかい線を表現。
泳ぎが破綻しないギリギリまでウエイトを搭載するこのモデルは、魚の活性が低いときに特に有効。
傾斜の強いリップが飛距離を稼ぎ、また浮き上がること無く低いレンジを攻略可能。
食い気が無い時の釣行ではアユモデルより出番多し。
5.5gシンキング
STREAM ARMOR 3 50S
飛距離、レスポンス、ヒラ打ち姿勢。
SA3ではリップレスならではの能力を突き詰めた設計に変更。
フェイズと同じくバルサイン製法。
アゴ突出部込みの50mmなので、実質は50mmミノーより短く太い。
形も性能も、超お気に入り。
異次元のキャストフィール。
魚のスイッチを入れるSA2譲りの独特なヒラ打ちアクション。
激流をものともしない高速限界性能。
このミノーが渓流ミノーイングを革新する。
3.5gシンキング。フローティング発売予定。
STREAM ARMOR 3 58S
リップの突き出し部分を除いたボリュームはコンベンショナルなリップ付き50mmミノーと同等。
搭載ウエイト容積比は50mmより控えめなので、操作に対するレスポンスは58Sの方が上。
デザインも更に洗練され、リップレスミノーの新しい形を提唱する。
上はじきによるシェイクから、ロッド振幅一杯のジャーキングまで、幅広いテクニックに対応するスーパーミノー。
4gの重量と、直線的飛行姿勢は圧倒的飛距離を生み、渓流域のみならず、中本流の食い渋るビッグトラウト攻略にも非常に有効。